×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不動産 投資

不動産 投資 入門 不動産 投資 入門

不動産 投資 入門TOP

  > ここは必ずチェックしよう

ここは必ずチェックしよう


良い管理会社を選ぶためのポイント3カ条


1.入居者を誘致する能力

入居者が退去したあと、次の入居者を募集してすぐに決まるか、数か月も空室になってしまうかでは
収入に雲泥の差が出てきてしまいます。
まず部屋を探す側の視点で考えてみて、その不動産屋さんに入りやすいかどうかを考えてみましょう。
部屋を探している人は、一般的にインターネットや情報誌、住みたいエリアの不動産会社から情報を得て
います。
最近はインターネットで部屋を探す人が増えているので、その不動産がアクセス数の多いサイトを持っているか
なども重要なポイントとなります。
たとえば「不動産+(住みたい地域)」などのキーワードで検索してみて上位に来る不動産会社は、
部屋を探している人がアクセスしやすいということになります。
そういった不動産会社で作っている募集図面を確認し、興味がわくような資料を作っているかどうか確認
してみましょう。
また、入居者の審査基準もチェックが必要です。
基準が高すぎても入居者が埋まらないし、低すぎても家賃滞納者がでるリスクが出てきます。
ほどよい基準を設けているところを選ぶのが良いでしょう。

2.管理・対応能力

「お風呂のお湯が出ない」「トイレが詰まった」「上階の人の生活音がうるさい」など、入居者からのクレームや
トラブルは尽きることがありません。
これらすべての問題に一人で対応するのは非常に大変です。
本業のある方ならなおのこと、手間を省くためにも対応の一切を管理会社に任せる価値はあります。
不動産管理会社の良し悪しはすぐには見分けられませんが、物件購入前の担当者とのやり取りの中で、
迅速に対応しているか、時間・期日をしっかり守るか、言葉がきちんとしているか、など相手をよく観察しましょう。
不動産管理会社は、不動産投資を成功させるための大切なパートナーです。
こまめにコミュニケーションを取り、協力体制を築いていきましょう。

3.管理コスト

不動産に支払う管理料は、当然サービス内容に比例してコストが高くなります。
適当なレベルで良しとするのであれば相応のコストでということになりますが、ここはバランスを見極めて
慎重に決める必要があるでしょう。
通常、入居者管理料は、都内や東京近郊の場合、月額家賃収入の5〜8%程度と取り決められることが
多いようです。この場合、建物管理費(清掃日、エレベータのメンテナンス代など)は別になります。
最近は家賃滞納保証がついていたり、サービスの範囲も多様化しているのでよく比較検討しましょう。
ひとつの判断基準として、「家賃保証をしない場合の管理手数料プラス予想空室率」と「家賃保証手数料」の
比較があります。
例えば、家賃保証しない場合の管理手数料が5%、空室率が10%であれば合計15%かかりますので、
家賃保証手数料が10%なら保証してもらった方がむしろお得なことが分かります。

Copyright(C)2007 不動産 投資 入門