×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不動産 投資

不動産 投資 入門 不動産 投資 入門

不動産 投資 入門TOP

 > 物件の探し方

物件の探し方


優れた物件情報を集めるポイント


■インターネットで探す

YahooやGoogleなどの検索サイトで「収益物件」「不動産投資」などと入力してみましょう。
不動産会社やコンサルティング会社、物件情報サイトなどがヒットします。
それらのホームページにアクセスすれば、投資用不動産にはどのようなものがあるのか、
イメージをつかめると思います。
気になる物件があれば、問い合わせてみましょう。
不動産会社とのやり取りを通じて、不動産に関する知識が身についてくることでしょう。
■投資用不動産専門の業者から

新聞などを見ると、に投資用不動産を扱う不動産会社の広告が掲載されています。
金曜日や土曜日の朝夕刊の紙面に、小さめに掲載されていることが多いのでチェックしてみましょう。
気になる物件があった場合、電話などで問い合わせればすぐに詳細をFAX(※)してくれるでしょう。

※不動産投資を行う場合、自宅にFAXは必要不可欠です。
地図・図面などの情報を扱うため、メールよりも未だににFAXでの情報交換が主流になっているのです。

■地元の不動産会社から

購入したい物件に目星がついたら、自分が購入したいエリアや自宅最寄駅の不動産会社にも
足を運んでみましょう。
「この辺りで投資用の不動産を探しているのですが」などといえば対応してくれます。
ふだんから顔を出したり電話をかけたりしていると、地元の不動屋さんでしか持ち得ない、
マーケットには出回らないような物件情報を紹介してもらえるかもしれません。
掘り出し物件を探すなら、この方法がお勧めです。

 

不動産屋さんには購入の意欲をきちんと伝えよう

投資用物件の担当者に、ただの冷やかしのお客さんと思われると、なかなか真剣に付き合ってもらえません。
本当に物件を購入する意志があり、売買手数料を払ってくれる人こそが、彼らにとってのお客さんですから、
購入については真剣に取り組んでいることをしっかりアピールしておくべきでしょう。
具体的には、手持ちの資金がいくらある、こういう物件を購入したい、といった要望をはっきり伝えるように
することが重要です 。

Copyright(C)2007 不動産 投資 入門